「ママの笑顔は世界を変える!ーMom's smile changes the worldー」ethical blog by NATUR

キャッシュレス時代の小銭管理について

キャッシュレスが加速しています。

お札も小銭も使わなくなった。

しかし、そういっても小銭が必要なシュチュエーションもあリます。

そこで今回は急な集金にも慌てない小銭管理法についてご紹介します。

目次

◆はじめに

◆小銭ケースを活用して一箇所にまとめておく

◆突然の集金にも慌てない

◆さいごに

◆はじめに

こんにちは。

パーソナルライフスタイリスト®︎の原島あつこです。

わたしは、整理収納を通して、

『快適な暮らしを手に入れる』お手伝いをしています。

さて、コロナウィルスの流行で、

さまざまな価値観が変わりつつありますね。

その一つにお金との付き合い方も挙げられます。

キャッシュレス決済が推進されて、

お金を持ち歩かない人が増加。

現にわたしも手元に現金をもたない、

普段の買い物はクレジットカード、

電子決済で済ませている派です。

しかしそうはいっても完全に手元から現金なくすことはできない。

例えば

☑️美容室

☑️学校の集金

☑️地域の集金

☑️病院

それらの支払いは現金が必要になるからです。

というわけで今回はキャッシュレス時代の

急な集金にも慌てない小銭管理について

その仕組み作りをお伝えします。

この仕組みを実践すると、

ストレスのない快適な暮らしが叶いますよ。

◆小銭ケースを活用して一箇所にまとめておく

わたしの家では

  1. 小銭がでたら、小銭ケースに入れる
  2. 小銭ケースは500円玉から1円玉が一つに収められるモノを選ぶ
  3. そのケースを開ければ、すぐにとり出せるような出す手間がかからない形状のモノを選ぶ
  4. 小銭ケースがいっぱいになったら、郵便局の口座に小銭貯金

これを繰り返しています。

この仕組みを取り入れてからは

お財布の中が小銭でパンパンになること

小銭がないといって家中の貯金箱を探し回ること

すぐにとり出すことのできない貯金箱の形状にイライラすること

学校の集金であと5円が足りないからとコンビニにお金を崩しにいくこと

がなくなりました。

◆突然の集金にも慌てない

小中学生のお子様を持つご家庭では、

誰もが一度は経験があるのではないでしょうか?

朝、突然こどもから集金袋を出されて

「お母さん、今日までに〇〇○円持ってきてって先生が言ってたよ。

お願い。これ集金袋ね。」

というシュチュエーション。

登校時間も迫っていて、一刻の猶予もない。

どうする。どうする。慌てるお母さん。

ただでさえ朝は忙しいのに。

こんな時に、この仕組みが整っていれば

慌てずに対応することができます。

以前のわたしだったら

「なんで、当日に出すの。前からお便り出ていたんじゃないの。」

と朝から不快な気分。

でも時間はないから急いで、家中を探し回って小銭をかき集める。

それでも小銭がないときは、

近くのコンビニに行ってお金を崩すために

仕方なく買い物をするという行為をしていました。

これはかなりの時間のロス。

そして、朝から緊急事態が発生したことにより

わたしのイライラもピークに達し

そのイライラの向かう先は、こどもへ。

こんな状況、皆さん経験はありませんか?

小銭ケースを活用することにより

『必要なモノを必要な時に必要なだけ取り出す』

しくみが整います。

◆さいごに

ここまで、キャッシュレス時代の小銭管理について

小銭ケースの活用をお伝えしてきました。

この記事が悩んでいる方の解決の糸口になれたら幸いです。

それでは、また次回お会いしましょう!

文:パーソナルライフスタイリスト®︎原島あつこ

株式会社NATURE パーソナルライフスタイリスト®︎ 原島あつこ

アパレル会社(株)TOMORROWLANDにて販売8年

のべ2万人のお客様を接客

その後専業主婦を10年経験

子育ての傍ら「整理収納アドバイザー1級」を取得

現在は『整理収納』を通じて

『快適な暮らしを手に入れる』お手伝いをしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です